« 「古酒」、そして「ジビエ」 | トップページ | 季節性のうつ »

2009年11月 3日 (火)

JRさわやかウォーキング「法多山全国だんご祭りと県内B級グルメ体験ウォーク」

 今日も、仕事が休みになった。JRさわやかウォーキングに参加することにする。
 自転車で駅まで行く。しまった!ツーロック用の自転車の鍵を持ってくるのを忘れた!鍵は車の鍵も一緒にキーホルダーに付いていて、背広のポケットに入れたままだ!これから気をつけよう!とりあえず、自転車についている鍵を施錠する。(これじゃあ、ワンロックだ。)

 駅でトイカに1,000円チャージし、電車に乗る。
 8:03頃、愛野駅に到着。受け付けは始まっていた。マップをもらってウォーキングスタート!
 このコースも3回だ目。
 ちなみに、受け付けの隣では、「ノルディック・ウォーキング」のポールを試供で貸し出していた。パンフレットだけもらう。
「Dr. Arukino-Medesu ウォーキング塾」HATACHI
羽立工業株式会社
湖西市新所3
578-1501

http://www.hatachi.jp/

JRさわやかウォーキング「法多山全国だんご祭りと県内B級グルメ体験ウォーク」

 静岡スタジアム(エコパ)到着。
 エコパに立ち寄り、「富士山パズルスタンプラリー」スタンプをもらう。(日曜日も、新居関所史料館と浜名湖今切パーク海湖館でももらえたのだが、もらうのを忘れてしまった・・・。)
http://hellonavi.jp/
 小笠山の豊かな自然の中に広がる小笠山運動公園にあるスタジアム。エコパとはエコー(歓喜のこだま)とエコロジー(環境)を意味する「エコ」と、パル(仲間)とパーク(公園)を意味する「パ」を組み合わせた造語です。

 自前のステッキを使い、道を進める。この間、ステッキの先のゴムを無くしたので、杖をつくとちょっと硬い感じがする。そして、法多山尊永寺に到着、ここは「どまん中ふくろい 第3回全国 だんごまつり」をやっている。
JRさわやかウォーキング「法多山全国だんご祭りと県内B級グルメ体験ウォーク」

 とりあえず、法多山にお参りをする。
 法多山は、寺号を尊永寺を称し、浅草観音とともに由緒ある厄除観音として知られています。神亀2年(725年)聖武天皇の勅命を受けた行基上人は大非観音応臨の聖地をこの地に探し求め、自ら刻んだ本尊観世音菩薩を安置したのがはじまりと言われています。厄除だんごが有名です。

JRさわやかウォーキング「法多山全国だんご祭りと県内B級グルメ体験ウォーク」

 そして「全国だんご祭り B級グルメ体験」の会場に行く。
 厄除だんごを食べながら休憩したい気もしたが、駅に自転車をツーロックせずに駐輪したので、休憩せず、道を急ぐことにする。
 「元祖大阪みたらしだんご」のお店、大阪府の「むか新」に行列ができている。これは普通のみたらし団子と違い、だんごの中に甘辛い醤油だれが入っているらしい。行列ができているのだから有名店なのだろう。
http://www.mukashin.com/
 今年で3年目をむかえる全国だんご祭り。全国から有名なだんご屋が法多山に集結します。また同時開催の県内B級グルメ体験では、富士宮の焼きそばをはじめとする静岡県を代表するB級グルメを楽しむことができます。

 今日は、急に冷えてきた。だいぶ寒い。風も強く、何度も帽子が飛ばされそうになる。
JRさわやかウォーキング「法多山全国だんご祭りと県内B級グルメ体験ウォーク」

 「明香寺」到着。
 寛政年間、子供を欲しいてうた名力士・雷電為右衛門がこの地を通った際に本尊の地蔵菩薩に祈願し一子を得たと伝えられています。大正5年に「東京大角力協会」承認のもとに相撲協会の祈願所となりました。明治2年以降の横綱や名力士など14体の珍しい木像があります。

 そして、ゴール!約6kmのコースでした。ちょっと短くて物足りないコースだった。
 ゴールでスタンプを押してもらうとすぐに電車が来た。電車に駆け込み乗車して帰宅。
 トイカの残額:420円。

 午後に、エンジェル マーケット パートナーズのオヤマと名乗る人から電話があった。東京都中央区に事務所があるらしい。
 CFDプランとか言っているが何のことかわからない。要は、投資の案内らしい。すなわち、迷惑電話だ。お断りする。
 CFDって何のことかわからない。Wikipediaで検索してみた。
 CFDとは、差金決済取引(さきんけっさいとりひき Contract for Difference)の意味。投資商品の一つ。証拠金(保証金)を業者に預託し、原資産となる国内外の株価や金価格など、金融商品の価格や指数を参照して差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。
 証拠金を預け、レバレッジをかけて取引を行うことから、外国為替証拠金取引(FX)も差金決済取引の一つ。ただし、一般には、外国為替をFX、それ以外の株式や株価指数等はCFDと呼ぶ。

 夕方、コンポスターに入れるための「米ぬか」を自動精米機に持ちにいくが、米ぬかがなかった。残念!

 楽天の「じざけや」より、メールが届いた。「Gテイスト」というのは、なかなか面白い発想だね。
 焼酎の味を決める上で最も重要なのが「麹」です。従来、芋を麹にするのには技術的に困難であったため、芋焼酎の麹の原料には米を使用してきました。しかし、長い研究開発を経て、霧島酒造独自の技術で芋から麹をつくることが可能になったのです。それにより、従来の味わいがさらに引き立つ本格芋焼酎がここに誕生しました。
 「吉助」がたどり着いた新しい味の領域を、私たちは 「Gテイスト」と名づけました。それは、純粋さ(GENUINE)、 穏やかさ(GENTLE)、優美さ(GRACEFUL)のすべたが備わった 味わい。この3つの「G」の融合で、芋焼酎の味はさらなる 高みへ、さらなる奥深さへと進化したのです。 誰も味わったことのない新感覚の芋焼酎を、あなたもぜひ、 お楽しみください。
 1916年に創業した霧島酒造の創業者江夏吉助は質実剛健 な人柄で、味へのこだわりは、並大抵のものではありま せんでした。吉助から受け継がれた味への探究心と、 現代の先端技術が、ひとつになって昇華して産まれた 芋麹焼酎「吉助」。まさに「温故創新」の精神が、時を 超えて、脈々と焼酎の中に息づいています。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/sake-gets/index.html

本日のカウント
本日の歩数:21,082歩
(本日のしっかり歩数:11,253歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「古酒」、そして「ジビエ」 | トップページ | 季節性のうつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング「法多山全国だんご祭りと県内B級グルメ体験ウォーク」:

« 「古酒」、そして「ジビエ」 | トップページ | 季節性のうつ »