« みそすき丼(長野県須坂市) | トップページ | 「スシロー」「ホタテガイのおろしあえ(キウイフルーツ)」 »

2009年10月10日 (土)

「すき家」、そして「ナンロール」

 今日は、3連休の初日なのに、1日中仕事なんだな・・・。そして、1日働いても休日手当が3,200円・・・時給400円・・・なんとコンビニの時給の半額以下!!!割に合わないね!
 与党が民主党に変わっても暮らしは良くならないね。

「すき家」、そして「ナンロール」

 今日のlunchは、すき家の牛丼(並)。
 株式会社ゼンショー。
http://www.zensho.com/

 そして、カレーハウスアジアンのナンロール550円。
 これはなかなか美味しいよ!お腹も膨れるし。
http://www.1naan.com/ajian.html

 夕方は、幸楽苑で買った餃子で一杯。
 「冷凍生ギョーザの上手な焼き方」も付いていたが、「きょうざの”ひろかね”」の焼き方の方が美味しいので、こちらで焼く。皮がパリッとするんだよね。
 でも、味は安い餃子という感じだった。
http://je2fmv.hp.infoseek.co.jp/how-to-bake-gyoza.html
 まあ、ついでに幸楽苑で買った餃子に付属していた「たった5分でおいしく焼ける! 冷凍生ギョーザの上手な焼き方」を載せておこう。
【ホットプレートで焼く場合】
①ホットプレートを十分に熱します。温度は220℃前後で調理してください。
②サラダ油を全体にうすくひき、間隔を指1本あけ、ギョーザを凍ったまま並べます。
③お湯100cc(コップ6分目程度)を入れてフタをし、水分がなくなる寸前まで4分前後蒸し上げます。
 ※何人分でも同じ量の水・お湯で焼いてください。
 ※お湯を入れることで鉄板温度の低下を防ぎ、よりふっくらと仕上げることができます。
④フタをとり、サラダ油を少々ふりかけ1分30秒~2分程度焼き付けます。
⑤キツネ色の焼き目がつけば出来上がりです。
【フライパンで焼く場合】
①熱したフライパンにサラダ油をひき、よくなじませたら火を止め、凍ったままのギョーザを並べます。
②お湯100cc(コップ6分目)を入れてフタをし、中火で水気が無くなる寸前まで3分~3分30秒蒸し焼きにします。
 ※何人分でも、同じ量の水・お湯で焼いてください。
 ※焼ける音が「ジュー」から「パチパチ」に変わり、ギョーザの周りが多少焦げたくらいが、次の工程への目安です。
③水気がなくなったら弱火にし、サラダ油を少々ふりかけ、キツネ色になるぐらいまで、さらに1分~1分30秒焼きます。
④焼き目を上にして皿に盛り、彩りにパセリ、レモン等を添えて出来上がりです。
(ゴマ油等を使用するとさらに風味良く仕上がります。)
 他にも、「揚げギョーザ」「スープギョーザ」「蒸しギョーザ」の作り方が出ていた。
「揚げギョーザ」パリッとした食感がたまらない!
 凍ったままのギョーザを大葉で巻き、水で溶いたてんぷら粉を軽くつけて油で揚げます。市販のスイートチリソースなどをかけて、野菜と一緒にサラダ感覚でお召し上がりください。
「スープギョーザ」口の中でツルッと踊る!
 凍ったままのギョーザを水にさっとくぐらせ、皮の縁をしっかり閉じて茹でます。(お湯は微沸騰で)茹であがったギョーザをいつものスープに入れるだけ。簡単ひと工夫で美味しく変身!
「蒸しギョーザ」油を使わずさっぱりヘルシー!
 凍ったままのギョーザをせいと又は蒸し器で蒸します。蒸し上がったらごまダレやポン酢でサッパリと召し上がれ。油を使わないから女性の方にもオススメの料理です。

本日のカウント
本日の歩数:5,621歩
(本日のしっかり歩数0歩)
本日の割箸使用量:1膳
本日の餃子消費量:10個

|

« みそすき丼(長野県須坂市) | トップページ | 「スシロー」「ホタテガイのおろしあえ(キウイフルーツ)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「すき家」、そして「ナンロール」:

« みそすき丼(長野県須坂市) | トップページ | 「スシロー」「ホタテガイのおろしあえ(キウイフルーツ)」 »