« 今日は半夏生、生タコのゆで方 | トップページ | 「BENTOMAN」、そしてダーチャ佐野にて「丹波の黒豆」 »

2009年7月 3日 (金)

瞑想(Meditation)とは何か?

  やすらぎ通信 』第257号  2009.6.26より。

 簡単に言ってしまうと、何かに心を集中させて、心を静めることです。その目的によって、やり方も様々なものがあります。
 例えば、スポーツ選手のイメージトレーニングやビジネスマンのストレスのコントロール、自己啓発のためのイメージトレーニング、宗教的な行法など、いろんな分野で広い範囲に用いられています。
 それぞれのやり方、流派によって、考え方が違うので、自分が瞑想に、何を求めるかが、大事なのかなと思います。
 私がやっている瞑想は、呼吸に意識を向けて、心を静めて、心身の深いリラックスを目的にした方法です。
 いきなり、無の境地になどと力まず、どんなものかとりあえずやってみようというような、気軽な気持ちで初めてみましょう。
 完全に正しい方法でなくとも、静かに座っているだけでも、ちょっと気分が落ち着いて、
 今はインターネットや携帯電話など便利なものがあるおかげで、24時間いろんな情報が入ってきます。便利でいいのですが、その便利さと引き換えに、こころが静まる時間がなくなっているような気がします。こんな、便利すぎる時代だからこそ、意識的にこころを静める、瞑想が必要だと思うのです。
「 瞑想をやる際の注意点 」
1、呼吸
 瞑想中の呼吸は、ゆっくりとした自然な腹式呼吸にします。あまり呼吸を長くしようとして、苦しくなったり、力んだりしないように。
2、雑念
 瞑想中にいろんな雑念が出てきますが、無理に押さえ込んだり、考え込んだりしないように。雑念が湧いてきたら、いったん横において、呼吸に意識を戻します。
3、姿勢
 瞑想のときの姿勢は、背筋が自然に伸びて、呼吸がしやすいように座ります。瞑想の前に、簡単なヨガをすると、座る姿勢が安定して、瞑想に集中しやすくなります。
4、瞑想をやめた方がいい場合
 瞑想をすると、不安感が増してくるような場合やどうしても眠くなる場合は、瞑想をやめて、ゆっくり休みましょう。
5、場所
 静かな場所で、途中で妨げられない環境を作る。夜や早朝など、電話などがかかってこないような時間で。周りの音が気になるようなら、静かで単調な音楽をかけてもいい。

いろんなことをいいましたが、あまり形にとらわれず、まず座って静かに呼吸に意識を向けてみましょう。瞑想に関する知識をたくさん得るよりも、どれだけ実践したかの方が気づくことが多いでしょう。
■ やすらぎの里の治療・運動

http://www.y-sato.com/262.html

本日のカウント
本日の歩数:13,589歩
(本日のしっかり歩数2,101歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 今日は半夏生、生タコのゆで方 | トップページ | 「BENTOMAN」、そしてダーチャ佐野にて「丹波の黒豆」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瞑想(Meditation)とは何か?:

« 今日は半夏生、生タコのゆで方 | トップページ | 「BENTOMAN」、そしてダーチャ佐野にて「丹波の黒豆」 »