« 「microSDカード」「(有)村松商店 紅ふうき緑茶で春先を快適に」 | トップページ | 備長扇屋和地山店 »

2009年2月22日 (日)

「ミラケンLA点眼液を正しくお使いいただくために」「ひさや」「セロリの浅漬け」、そして「竹伐り」

 眼科の点眼薬に「ミラケンLA点眼液を正しくお使いいただくために」という冊子をつけてくれていた。これを読むと、使い方がちょっと厄介だ。何か危なそうな薬のような気がする。
この目薬は、眼圧を下げて緑内障・高眼圧症を治療するお薬です。
ご使用にあたっては医師または薬剤師の指示に従ってください。
大塚製薬株式会社
<点眼回数は1日1回です>
・この目薬は1日1回1滴の点眼で、1日中効果が持続します。
・点眼後は、目を静かに閉じ、目がしらを1~5分軽く押さえてから、目を開けてください。
<他の目薬を使用する場合>
他の目薬を先に点眼し、10分以上の間隔をあけて、この目薬を一番最後に点眼してください。
<点眼の仕方>
・まず、手をよく洗いましょう。1日1回1滴を点眼してください。点眼するとき、容器の先端が、目、まぶた、まつげに触れないように注してください。あふれた点眼液は、清潔なティッシュ等で拭きとってください。
・点眼後は目を静かに閉じ、目がしらを1~5分軽くおさえてから目を開けてください。
<点眼し忘れに気付いた場合は?>
・その日のうちに気付いた場合、1回分を点眼してください。
・翌日以降に気付いた場合、1日に2回点眼したり、2回分を一度に点眼しないでください。
<保存方法>
遮光のため必ず添付の黄色い袋に入れて、室温で保存してください。

 今日は、JAFの懸賞応募と、保険の封書を投函。

「ミラケンLA点眼液を正しくお使いいただくために」「ひさや」「セロリの浅漬け」、そして「竹伐り」

 今日の昼食は「ひさや」のお弁当。値段の割に内容はなかなかいいよ。おかずが多いなぁ。
http://gourmet.yahoo.co.jp/0007376502/

 そう言えば、昨日届いたカードの請求書と一緒に冊子が同封されていた。そこに「みんなのレシピ」と題して「セロリの浅漬け」の作り方が載っていた。セロリはあまり好きではない。セロリは味噌汁にも合うと出ていた。味噌汁に油揚げとセロリを入れるだけだそうである。勘弁してほしい・・・。
■材料(4人分)
・セロリ ・・・・・ 5本
・塩昆布 ・・・・・ 適量
A
・にんにく
・醤油
・酒
■作り方
①セロリを食べやすい大きさに切る。
②①を塩昆布でもむ。
③Aのにんにく、しょうゆ、酒をひと煮立ちさせ、②にかけて2~3時間置くだけ。

 竹林のあと半分の土地の竹を切らなければいけない。3月になれば、タケノコが生えてくるだろう。間に合うだろうか・・・。
 ふと思った。
 自衛隊が、訓練の一環で竹林の整備や里山整備を請け負ってくれないかな。希望者に無料で行うのである。
 切った竹や間伐は、所有者が欲しければあげる。いらなければ、チップにしてペレットにして薪ストーブ用に転売する。そうすると収入も得ることができる。
 環境に優しいし、里山がきれいになっていいと思うのだけれど・・・。
 防衛庁さん、考えてみてください!

 夕方は、「わかさぎのゆず味噌焼き」で一杯かな。

本日のカウント
本日の歩数:4,030歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:1膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「microSDカード」「(有)村松商店 紅ふうき緑茶で春先を快適に」 | トップページ | 備長扇屋和地山店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ミラケンLA点眼液を正しくお使いいただくために」「ひさや」「セロリの浅漬け」、そして「竹伐り」:

« 「microSDカード」「(有)村松商店 紅ふうき緑茶で春先を快適に」 | トップページ | 備長扇屋和地山店 »