« 日本はもっと 地熱発電を 全電力賄えるかも | トップページ | 「十三夜」、「バナナダイエット」、「丹波の黒豆」、「栗」、「セブンアンドワイ」、そして「柿の葉ずし」 »

2008年10月10日 (金)

「まぐろの日」、そして「疲労回復にはこの栄養素!」

 今日、前を走っている車が左折のウインカーを出した。左に曲がると思ったら、交差点内で急に止まった。(こちらが優先の信号のない交差点)。こちらは急ブレーキ。セーフ!ぶつからなかった。左を見ても、車が止まらなけらばならない要素はない。追い抜きざまに運転手を見るとニヤニヤ笑っている。新手の当たり屋か!?

 それはさておき、
 今日は「まぐろの日」。日本鰹鮪漁業協同組合連合会が1986(昭和61)年に制定。
 奈良時代、726(神亀3)年10月10日、万葉の歌人としても知られる山部赤人が聖武天皇の御供をして明石地方を旅した時、鮪漁で栄えるこの地方をしび(鮪)釣ると海人船散動き『万葉集』巻六・938段と歌に詠んだとされている。

 ついでに、疲労回復について。
 なかなか疲れが取れない。体がだるくて仕方ない。そんなときは疲労回復に効果的な食材を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。
 まずは炭水化物。体内でブドウ糖に分解され、体を動かすエネルギーとなります。次に、ブドウ糖が効率よくエネルギーにかえてくれるビタミンB1も一緒に摂りましょう。また、アリシンはビタミンB1の働きをアップします。最後にクエン酸。疲労物質である乳酸の生成を抑えたり、体外に排出したりします。
・糖質
 バナナ、ご飯、パン、パスタなど
・ビタミンB1
 うなぎ、鯛、ぶり、大豆、モロヘイヤ、玄米、ほうれん草、ごまなど
・アリシン
 ネギ、玉ネギ、ニンニク、ニラなど
・クエン酸
 レモン、オレンジ、グレープフルーツ、梅干など

本日のカウント
本日の歩数:14,095歩
(本日のしっかり歩数:3,303歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 日本はもっと 地熱発電を 全電力賄えるかも | トップページ | 「十三夜」、「バナナダイエット」、「丹波の黒豆」、「栗」、「セブンアンドワイ」、そして「柿の葉ずし」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「まぐろの日」、そして「疲労回復にはこの栄養素!」:

« 日本はもっと 地熱発電を 全電力賄えるかも | トップページ | 「十三夜」、「バナナダイエット」、「丹波の黒豆」、「栗」、「セブンアンドワイ」、そして「柿の葉ずし」 »