« 吉野家の「牛丼」 | トップページ | いろいろみそ汁 学校生協ぜいたくセット »

2008年5月19日 (月)

「悪銭身につかず」それとも「金は天下の回りもの」

 今日は、眼科に通院。土曜日の処置の様子を診てもらうためだ。ものもらいが小さくなっているということで、終了。薬(「クラビット」と「プロラノン」)をもらって帰る。760円也。また、1週間後に診せに来るように言われた。お医者さんは、症状がどうなっているか見たいだろうが、お金を払うのはこちらだ。こちらのお金が続かない。なんとかしてほしい。
 その後、本屋に行き、1冊の本を買う。
 そして、スーパーに行き、「白菜キムチ」(98円)、「CGCヨーグルト」(118円)を買って、帰る・・・はずが外に出たとたん大雨が降りだす!あと1分早ければ・・・、車までダッシュ!車を駐車場の遠くに置いてしまったよ!濡れ鼠・・・。

 ちなみに、
 今日は、「ドリームジャンボ宝くじ」の発売日。前後賞合わせて3億円かな。とすると、TOTO GIBはキャリーオーバーが65億円あるから、1等が当たればほほ確実に6億円だろう。するとBIGを買う方がいいのかなと思ったりしてみたりする。
 でも、「悪銭身につかず」と言う。大金が当選した場合はもとより、ある程度の金額、もしくは少額でも「どうせギャンブルで儲けたお金だ」、と感じ、金遣いが荒くなってしまうのではないだろうか。「悪銭身につかず」とはよく言ったものだ。多分、ギャンブルでそのお金をgetするために、それ以上のお金を支出しているだろうに・・・。
「悪銭身につかず」を辞書で調べてみた。
盗み・賭け事などで得た金銭は、むだに使われてすぐになくなってしまう。
 「金は天下の回りもの」とも言う。お金は使わないと、経済上困るのですけどね・・・。でも、収入以上のお金を使っていては破産する。ギャンブルで儲けた泡銭を金銭感覚なしに使っていては、金遣いが荒くなってすぐに破産してしまう・・・。
「金は天下の回りもの」
金銭は一つ所にとどまっているものではなく、今持っている者もいつか失ったり、今ない者もいつか手に入れたりする。金は天下の回り持ち。

本日のカウント
本日の歩数:10,081歩
(本日のしっかり歩数:2,744歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 吉野家の「牛丼」 | トップページ | いろいろみそ汁 学校生協ぜいたくセット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「悪銭身につかず」それとも「金は天下の回りもの」:

« 吉野家の「牛丼」 | トップページ | いろいろみそ汁 学校生協ぜいたくセット »